個人事業主の納税は会計ソフトが便利

会社員なら確定申告は会社に任せておけば問題ないのですが、個人事業主ならそうした作業もすべて自分で処理していかなければなりません。確定申告時には、税務署に提出する書類を自分で作成しなければならないのです。白色申告なら書類の作成も簡単ですが、65万円の特別控除が使える青色申告では複式簿記の知識が求められます。複式簿記のやり方を知らないと、作業に時間を取られてしまうことになります。

その間、本業の方が疎かになるので、個人事業主の方は税理士か会計ソフトにこうした仕事を任せることが多いです。税理士は毎月の顧問料が必要になりますし、確定申告時だけの依頼でも数万円かかるのが普通です。会計ソフトならクラウドタイプのもので月数百円のものが出てきているので、費用削減が可能です。会計ソフトでやらなければならないことは、日々のデータ入力だけです。正しくデータを入力しておけば、確定申告時には申告書を自動で作成してくれます。役所にそのまま提出できる公式書類がプリントアウトできるので、自分はやりたい仕事に集中できます。

個人事業主を敬遠している人も、これなら挑戦しやすくなります。このように、税金の支払いを会社任せにはできないからこそ、大きな成果を上げたときにも会社にお金を取られることがないのです。頑張れば頑張った分だけ、自分の懐が温かくなるのでやりがいが強いです。自分がトップになって、好きに仕事を進めて行ける点が面白い部分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です