個人事業主の確定申告では会計ソフトが活躍

個人事業主(フリーランス)として業務をしている人は、1年間の利益について自分で税務署に申告する必要があります。この手続きは確定申告と呼ばれていて、税金の負担額を決める大切な手続きであると同時に書類作成を負担に感じる人もいます。

なぜ負担に感じるかというと、1年間の業務についてどの程度の収入があったのか、仕事上必要だった支払いがいくらだったのか、すべて集計する必要があるからです。自分のビジネスには精通している人でも、会計業務は苦手な人が少なくないのです。この確定申告の作業は、税理士や会計士に依頼すれば代行してくれますが、それなりにコストがかかります。

そこで、専門家に依頼する予算がない人や、売り上げ規模が小さい場合は会計ソフトの利用をおすすめします。会計ソフトは、その名の通り会計業務のためのソフトで、確定申告の作業などを比較的簡単に行えることを目標として設計されています。ソフトに頼らずに手続きを行うことも可能ですが、ある程度の知識が求められます。

しかし会計ソフトを使えば、勘定科目の分類(仕事上必要だった支払いは、定められた分類に応じて書類を作らなければいけない)なども比較的簡単にできます。このようなソフトはいくつかタイプがあり、インターネット上のサービスとして提供されているものや、パソコンにインストールするものなどがありますので、好みのものを選択してください。よく分からないところだけを専門家に質問するのもひとつの手段でしょう。

会計ソフトが日常の業務を効率的にしてくれることは間違いありません。しかし、やはり独立を視野に入れるのであれば、ある程度の会計の基礎知識を備えておくことをおすすめします。その上で会計ソフトを効率良く使うことがベストな判断でしょう。「個人事業主のための会計知識」に個人事業主のための会計知識が掲載されていますので、ご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です